―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

アンチエイジング神の独り言ブログ

トップページ > シワ防止のためにも、お化粧をした日は

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

シワ防止のためにも、お化粧をした日は

シワ防止のためにも、お化粧をした日は欠かさずクレンジングすることをオススメします。
クレンジング処理をしないと、表皮にダメージが残ってしまい、シワの発生する確率が高くなります。また、顔を洗う場合には、洗顔をきっちりと泡たてて、優しく洗うようにして下さい。粗暴な洗顔や、肌荒れなどが、シワの原因になってしまいます。

秋冬の乾燥しがちな季節はもちろん、どこへ行ってもエアコンのきつい夏場も肌へのダメージが気になりますよね。しかし、日々のスキンケアは意外と面倒なものです。



そんな時に役たつのがオールインワンという商品です。
昨今のオールインワンはすさまじく出来が良く、しかもベタ付きも少なく、保湿の効果も高くて嬉しい限りです。肌にできてしまったシミは、それだけで見た目年齢に影響するため、厄介なものです。


シミの正体とはいったい何なのかといえば、表皮に現れたメラニン色素が表面から剥がれることなく蓄積されたものです。


ターンオーバーの促進で少しはシミを目たたなくすることができるのですが、ピーリングをして溜まった角質を落とすと、効果をより実感できることでしょう。

ですが、ピーリングによる過剰なケアは肌に負担をかけてしまうでしょう。コーヒー、それに、紅茶、緑茶等に含まれるカフェインという成分は、お肌にシミができやすくなる一因とされています。



肌のさまざまなところにシミを拡大、または、拡散指せたり、長い間、カフェインを摂りつづけていると色素沈着が起こりやすい体質になってしまうのです。

それと、緑茶に入っているタンニン(緑茶のものは特にカテキンといいます)もシミにとって良くないとされる成分であるため、これ以上はシミを増やしたくない方は飲み過ぎない方がいいです。ドライスキンに悩む方のケア方法としては、化粧水(洗顔後に肌の乾燥を防ぐ目的でつけますね)を使ってお肌にしっかり保湿をした後、乳液をちゃんと使い、化粧水(洗顔後に肌の乾燥を防ぐ目的でつけますね)で補給した水分をお肌に閉じ込めるようにします。



それに、お肌の内側からも、潤いを与えてあげることが非常に大切なので、一日の間にだいたい2?の水を飲んでみるように努めてみて下さい。

体の外側と内側から保湿と水分補給をして、弾力のあるみずみずしいお肌を取り戻しましょう。
毛穴ケアで重要なのはしっとりスキンケアのための保湿です。スキンがドライになってしまうと角栓が現われてきます。毛穴をきれいにするに洗顔がとても重要です。ホイップクリームのように泡たて、優しく洗います。また、3日おきに、ピーリングをするとスキンのリペアを促進します。それから保湿ケアをおこない、毛穴を閉める、毛穴の修復をして下さい。



ここ数年では、美容家電の普及が広がり自宅で簡単にエステ並みのスキンケアができるのがすごく喜ばしいです。

私はエイジングケア家電に夢中になっているのです。

早くからコツコツとエイジングケアを自分に施していると、2,3年後のお肌が違ってくるかもしれないと思うので、努力しています。洗顔料が顔に残った状態だと、肌の状態が荒れてしまうこともあるので、すすぎ足りないことがない様にしましょう。
洗顔ができた後には、化粧水(洗顔後に肌の乾燥を防ぐ目的でつけますね)や乳液などを利用して、保湿をちゃんと行って下さい。


保湿をやっていないと、肌が乾燥してしまい、シワが目立ちやすくなります。保湿をちゃんとやれば、シワを作らないための予防・改善となります。



シミ・シワ・そばかすなどアンチエイジングの敵として乾燥は、すさまじく手強い存在です。


肌の深い部分の水分が不足すると、脂性と乾燥の混合肌に移行する人も多く、乾燥部分では小皺、脂の多いところで毛穴の開きなどが出てきます。

目の周囲というのは温度が低く代謝が弱いので乾燥によるダメージを直接うけるので、もっとも早く皺ができる場所と言われているのです。
肌のハリを生み出すコラーゲンとかヒアルロン酸の減少も加齢により加速するので、シワ予備軍とも言うべき肌のたるみが生じやすいです。肌年齢をキープするためにも適切なケアをしていきたいものです。
お肌の渇きを防ぐためには、洗浄力控えめで、刺激の少ないクレンジング剤を使うようにしてみて下さい。うまく落とせないポイントメイクは適したリムーバーを使い、肌にストレスをかけないようにして下さい。
もちろん、顔を洗う時もゴシゴシと擦るのはよくありません。
ホイップの様な泡をたてて丁寧に洗い、低めの温度のお湯で十分に流しましょう。

せんよいうの

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 アンチエイジング神の独り言ブログ All rights reserved.