悩んでいる人を狙う悪徳商法の対策としての第一歩は無料相談

悪徳商法でお困りの方はご連絡ください

悪徳商法の対策について

悪徳商法はいつの時代になっても存在します。少し前まではネズミ講商法などが多かったと思いますが、最近はあまり聞かなくなりました。うまい話には裏があるとみなさんきずいてきたからだと思います。最近社会問題になっているのが、ネットビジネスです。
インターネットの広告などでよく見るのですが、セミナーや講座に参加してビジネスの投資話を聞いて簡単にお金儲けが出来る広告を見たことがある人は多いと思います。私は直接電話で内容を聞いたのですが、講座に1回参加するのに2万円ほどかかるそうです。5回講座に参加して毎月200万円が簡単に手に入るらしいです。こういう手に引っかかる前に困ったことがあれば家族や身内に無料相談しましょう。
完全なインターネットを利用した悪徳商法です。最近私のパソコンに届いたメールなのですが、自宅で出来る簡単なお金儲けと書いてある教材を高く売りつける内職商法が多く目立ちます。内職商法の会社に15万円ほど振り込んで仕事と仕事に必要な教材を受け取るシステムです。
しかし現実はエクセルやワードなどの基本的な教材と仕事も1回で終わり、会社自体が2ヶ月後にはなくなっているケースがほとんどなのです。悪徳商法などに引っかからないためにもうまい話には裏があると思っていたほうがいいと思います。悪徳商法に契約しそうになったら冷静になって知り合いに無料相談するのが1番だと思います。法律事務所などに無料相談するのも大きな解決につながると思います。

悩んでいる人を狙う悪徳マルチ商法

今から2年前程私は仕事に悩んでいました。給与の遅配が続き、将来を心配していたのです。私の仕事はパソコンサポートの法人営業の仕事でした。お客様の会社や御自宅に訪問し、パソコン関連の機器、ネットワーク周りを構築する仕事でした。お客様からは感謝されることが多いのはとてもありがたいことでした。土建屋の社長さんから依頼があったので修繕サポートをしたことろ、大変喜んでくれました。
しかし私は日々の悩みを抱えていましたから、ついつい自分の会社の愚痴をお客様に無料相談してしまいました。「将来が不安」「給与が低い」「残業が多い」そしたらその社長さんはにやりと笑い、「私の知り合いに年収5000万円の社長さんがいるけど会ってみない?」と誘ってきました。その社長さんと会って無料相談をしてみたら?と言うのです。私はいてもたってもいられず即答しました。「具体的にどんな話をするんです?」と聞いたところ、さらに笑い「会ってからのお楽しみだよ」と言われました。その時点で怪しいかったので悪徳商法かなと薄々感じていました。
日曜日の12時ごろに指定の公民館に行くことにしました。私の机の前には見たことのない海外製品のドリンクがおいてあるのです。その瞬間に悪徳商法だと察しが付きました。初対面の社長さんはこのドリンクを口コミで紹介するビジネスをしたことによって、月収1000万円を越えたと言うのです。そして私に年間50万円を越える製品登録を促してきました。とんだ悪徳商法だと思い、私はトイレに行くふりをして逃げ出すことにしました。会社のことなどで悩んだ時は身近の信頼できる人に無料相談するのが一番だなと思います。

悪質業者の見分け方

世の中には数多くの企業が存在しており、さまざまな職種が溢れています。そんな職種では多くの方が一生懸命従事されておりますが、中には悪質な手口で営業や勧誘を行う悪徳商法もあります。日頃から訪問販売や押し売り等には十分警戒されていらっしゃる方が多いと思われますが、気が付いた時には自身が被害者となってしまうケースも多いのです。そんな悪徳商法の見分け方についてご紹介します。
連絡先が携帯電話だけとなっている業者訪問販売や押し売りで訪れた業者の多くは、企業名や氏名が記載されている名刺等を渡してきます。名刺を渡される事で「実在している企業なんだ」という安心感を感じてしまいます。
しかし確認する上で重要となるのが固定電話の番号です。名刺に記載されている企業名等は架空会社となっている事も多く、そんな悪質会社のほとんどが固定電話を開設させずに携帯電話のみで活動しています。携帯電話のみであれば、被害者から苦情の電話があっても簡単に番号を変更するだけで逃げる事も可能となっている為です。
悪徳商法なのかを見分ける際にはしっかりと固定電話が記載されている事と、その電話番号に実際に問い合わせる事で、実態のある企業なのかを確認する事が出来ます。怪しいと思ったら即、周りに人に無料相談したり、法律事務所に無料相談したりと、信頼できる人に一度無料相談を持ち掛けてみましょう。世の中には数多くの企業が存在しており、さまざまな職種が溢れています。そんな職種では多くの方が一生懸命従事されておりますが、中には悪質な手口で営業や勧誘を行う悪質業者もおります。日頃から訪問販売や押し売り等には十分警戒されていらっしゃる方が多いと思われますが、気が付いた時には自身が被害者となってしまうケースも多いのです。そんな悪質業者の見分け方についてご紹介します。
連絡先が携帯電話だけとなっている業者訪問販売や押し売りで訪れた業者の多くは、企業名や氏名が記載されている名刺等を渡してきます。名刺を渡される事で「実在している企業なんだ」という安心感を感じてしまいます。
しかし確認する上で重要となるのが固定電話の番号です。名刺に記載されている企業名等は架空会社となっている事も多く、そんな悪質会社のほとんどが固定電話を開設させずに携帯電話のみで活動しています。携帯電話のみであれば、被害者から苦情の電話があっても簡単に番号を変更するだけで逃げる事も可能となっている為です。
悪質業者なのかを見分ける際にはしっかりと固定電話が記載されている事と、その電話番号に実際に問い合わせる事で、実態のある企業なのかを確認する事が出来ます。

CHOICES POST

女性

初期設定悪徳商法

近年、多くの人がスマートフォンやパソコンなどの機器を使いこなすなかで、その盛況ぶりに漬け込んでいる業者も多くいます。最近、インターネット上で話題になった、…

男性

お年寄りは最高のターゲット

祖父母が高級布団と浄水器の悪徳商法に引っかかった事があります。私の祖父母は珍しい共働き夫婦でそれぞれが年金を受給できています。それなりの収入があるからより…

考えている男性

悪徳商法が蔓延しているネットの世界

悪徳商法と言えば、電話や直接自宅へ訪問して勧誘するというのがかつての定番でした。最近ではインターネットの普及によりネットユーザーの被害が増えているようです…

悩んでいる女性

自宅電話で詐欺に合わないための対処法

インターネットが普及し、ネットショッピングや通信販売を利用する人が増えたこともあり、個人情報が記された名簿が知らぬ間に悪党業者に売られ、その情報をもとにデ…

SUB MENU

2017年06月27日
自宅電話で詐欺に合わないための対処法を更新しました。
2017年06月27日
悪徳商法が蔓延しているネットの世界を更新しました。
2017年06月27日
お年寄りは最高のターゲットを更新しました。
2017年06月27日
初期設定悪徳商法を更新しました。
TOP